女性の健康と病気の対策と治療

男性とは違う女性の医療のあり方とは!

男性、女性では平均寿命も違うように、なりやすい病気や薬の効き方は異なります。
骨粗鬆(こつそしょう)症や膠原(こうげん)病は女性のほうが圧倒的に多く、糖尿病はどちらかといえば男性に多い病気です。
がんも発生しやすい場所に男女差があることが分かってきました。

また、治療薬の効き方にも性差があるはずですが、薬剤の臨床試験の大半は男性中心。それがそのまま女性にも当てはめられてきました。
性差をつくる要因は、性染色体や遺伝子、あるいはホルモンによる違いばかりでなく、社会・文化的要因や環境による影響も関係していると考えられます。

性差医療に早くから注目してきたアメリカでは、臨床医学・基礎医学だけでなく社会科学系の学問も融合した学際的な女性の健康に関する研究が推進されています。女性専門の病院もあります。

ようやく日本でも、研究の結果を病気の診断や治療、予防措置へ反映することを目的として、性差を考慮した医療が提唱されるようになりました。
「女性専門外来」などはその一つの表れといえます。2008年2月には第1回の日本性差医学・医療学会が開催され、そのテーマは「患者にやさしい医療」。

さまざまな病気の性差に関する研究は始まったばかりで、実はまだよく分かっていないことが多く、これから期待される分野です。
毎年3月1日から8日は女性の健康週間です。
女性の健康に対する関心が、社会的な流れとしての高まりをみせています。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。